ホーム»お知らせ»旭川の木仕事

お知らせ

2012年2月21日

旭川の木仕事

カテゴリ:会員のイベント情報

第682回デザインギャラリー1953企画展「日本の地域産業の今 Vol.1 ― 旭川の木仕事」

日時
2012年2月21日(火)~3月19日(月) 最終日午後5時閉場・入場無料

会場
松屋銀座7階・デザインギャラリー1953 (〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1)

デザインサロントーク
展覧会初日は、松屋内で、多くのお客様で賑わう “松美会” が開催されます。これに合わせ、デザインサロントークを開催いたします。
日時:2月21日(火)午後2時〜3時
また、展覧会会期後半にもデザインサロントークを予定しております。
日時:3月3日(土)午後2時~3時

関連物販
展示品や旭川の特産木工品をデザインコレクション内にて販売いたします。

旭川は、多くの山林を有するその地域性を活かし、家具などの木工産業がさかんな地域ですが、ここで活躍する木工職人たちの技は、非常に精度が高く洗練されたものとして、多くの人々から高い評価を得ています。
今回の企画では、そうした木工品の数々を日本デザインコミッティーのメンバーでデザイナーの川上元美の視点を通して、紹介いたします。材の性格を知り尽くし、その材に適合する木工品を作り上げる職人たちの姿勢と彼らの作り上げた品々に地域産業の今を感じ取っていただければと思います。
展覧会では、今回参加した22の工房の作品の展示。生活にしゃれたエッセンスをプラスしてくれる旭川の木工製品をご高覧下さい。

旭川工芸デザイン協会の会員から臼田健二(クラフト 蒼)桑原 義彦((株)匠工芸)大門 嚴(アートクラフト・バウ工房)中井 啓二郎((株)匠工芸)早見賢二(ギャラリー Zbiyak)渡邊久志(ういるびい工房)が出展いたします。

詳細情報(日本デザインコミッティー ホームページ)

第682回デザインギャラリー1953企画展「日本の地域産業の今 Vol.1 ― 旭川の木仕事」

ページの先頭へ